AGAの原因を徹底解剖!育毛シャンプーや育毛剤の効果がないわけ

男性の場合、髪の毛が薄くなってくる場合のほとんどは、男性型脱毛症(AGA)によるものです。

「抜け毛が増えてきた」「ハゲてきたような気がする」そう感じたらすぐにでも対策した方がいいのは言うまでもないのですが、そもそも、どのような仕組みで薄毛は進行していくのでしょうか?

適切な対策をしていくためにも、男性型脱毛症の仕組みを知識として持っておくのは大切なことです。

そこで今回は、ハゲ(AGA)のメカニズムを解説していきます。

薄毛が進行するのはヘアサイクルの乱れから

AGAの大きな特徴として、徐々に進行することが挙げられます。

例えば円形脱毛症などは、ストレスによって髪の毛の一部が急激に薄くなったりするわけですが、AGAの場合は違います。

1ヶ月、2ヶ月という短期間で急に目に見えてハゲるのではなくて、ゆっくりと薄毛が進行していって、気づかぬうちに頭頂部の頭皮が見えるほど薄くなっていたり、M字部分がくっきりとしていたりするのです。

なぜAGAは徐々に進行するのか?

それはヘアサイクルの乱れが関係しています。

AGAを発症すると、ヘアサイクルが正常な人と比べて成長期が短くなってしまい、それによって髪の毛全体の本数が徐々に減ってしまうのです。

ヘアサイクル(毛周期)とは?

「ヘアサイクル」という言葉が出てきましたが、そもそもヘアサイクルとは何なのでしょうか?

毛周期とも呼ばれていますが、髪の毛は生えて抜け落ちてを繰り返しています。

今生えている髪の毛は、小さい頃からずっと生えている髪の毛ではなく、生えて抜けてを何度も繰り返しているのです。

髪の毛には、大きく分けて3つの時期が存在します。

  • 成長期:髪の毛が成長している時期
  • 退行期:成長が止まって髪の毛抜けるまでの時期
  • 休止期:髪の毛が抜けて新しい髪の毛が生えるまでの時期

それでAGAを発症した場合、このうちの「成長期」の期間が極端に短くなってしまうのです。

成長期が短くなってしまうと、新しく髪の毛が生えてくる前に今の髪の毛が抜けていくので、生えるペースよりも抜けるペースの方が早くなってしまいます。

すると、生える髪の毛<抜ける髪の毛となるわけですから、当然、髪の毛の量が減っていくというわけです。

ヘアサイクルの乱れはジヒドロテストステロンが関係

では、「なぜAGAの人はヘアサイクルが乱れるのか?」という話を次にしていきます。

ヘアサイクルを短くする原因は、はっきりとわかっています。

それは、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンです。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンが5αリダクターゼによって変換されることで作られます。(テストステロン:男性ホルモン、5αリダクターゼ:還元酵素)

作られたジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞にくっつくと、髪の毛の成長をブロックしてしまうのです。

ということは当然、ヘアサイクルを短くする原因であるジヒドロテストステロンを何とかしなければいけません。

対策としては、

  • ジヒドロテストステロンを作らせない
  • ジヒドロテストステロンを排出する

このどちらかとなるわけです。

ジヒドロテストステロンを作らせないためには?

meka2

ジヒドロテストステロンを作らせないことも・排出することも、どちらも大事です。

AGAだとわかっているのであれば、ジヒドロテストステロンを作らせないための対策も排出するための対策も両方行った方がいいのは間違いないのですが、特に重要なのは”ジヒドロテストステロンを作らせないこと”です。

ジヒドロテストステロンの生成量を減らすことができれば、そもそも薄毛は進行しません。

薄毛が進行しない状態を作ることができれば、ミノキシジルが含まれている発毛効果のある育毛剤などを使うことで、今よりも髪の毛を増やすことができるわけです。

ジヒドロテストステロンを作らせないための最も一般的な対策は、プロペシア(フィナステリド)を飲むことです。

プロペシアを飲むことが、最も一般的であり、何よりも効果の高い対策です。

ただ、プロペシアを飲めばいいとは言っても、皮膚科に行って処方されたものを服用しているだけだったり、ジェネリックを海外から輸入して服用しているだけでは、適切な治療になっていないケースがあります。

効果があることは間違いないのですが、全ての男性が同じ対策をして同じ効果を得られるわけではありません。

じゃあどうしたらいいか?ですが、まずは今のAGAの状態を把握するために、クリニックのカウンセリングを受けてみるといいです。

カウンセリングを受けてみて、自分にピッタリの治療方法を見つけてから実際に治療を開始する。

それが金銭的にも時間的にもムダのない薄毛対策になります。

AGA型薄毛の見分け方!M字ハゲとてっぺんハゲは・・・。

AGAは早期発見・早期治療が非常に大切です。

早く治療を始めれば始めるほど、見込める効果は大きくなりますから、そのためには“いかに早く発見できるか”がとても重要になってくるのです。

そうは言っても、周りから「髪の毛薄くなってきたね」と言ってもらえることなんて滅多にありません。

それくらいAGAはデリケートな問題ですし、むしろ周りから指摘されたとしたら、その時はよっぽどAGAが進行している可能性が高いと言えるでしょう。

なので、AGAを早く発見したいのなら、自分で見分けられなければいけません。

生え際が後退・頭頂部が薄くなる…その前に発見すること

miwakekata2

AGAが進行してくると、生え際が全体的に後退してきたり、M字部分がくっきりとしてきたり、頭頂部の地肌が見えてきたりします。

そうなってしまっては手遅れ!とまでは言いませんが、そうなる前に発見できて治療を開始することができていれば、薄毛の進行を止めることだって可能です。

目に見えて見た目が変化する前に見分けないと、治療にも時間がかかってしまいますから、AGAの初期症状的なことは知っておくべきなのです。

では、目に見えて髪の毛が薄くなってくる前に、どのような部分をチェックしておけばいいのでしょうか?

洗髪時の抜け毛の本数

洗髪時の抜け毛というのは抜けるべくして抜けた髪の毛です。

髪の毛を洗ったことが原因で抜けたわけではなく、抜けるタイミングだった髪の毛にちょっとした刺激が加わって、そのタイミングで抜けただけの話です。

1日のトータルの抜け毛の本数がわかっていればいいのですが、日中の抜け毛を1本1本数えている人なんていません。

洗髪時であれば、排水溝にネットをするなどによって、抜けた髪の毛を数えることができますから、自分の抜け毛が多いのか少ないのかを知りたければ、やってみるといいですね。

  • 1日の抜け毛の5〜7割は洗髪時に抜ける
  • 1日の一般的な抜け毛の本数は100本ほど
  • 洗髪時に50本以上抜け毛があったら要注意

上記を知っておくといいです。

AGA関係なしに抜け毛・ヘアサイクルには個人差があるので「○○本以上抜けてたら絶対やばい」というのはありませんが、目安として、洗髪時に50本以上の抜け毛があると、AGAの可能性が高くなると言えるでしょう。

排水溝につけるネットは100均ショップなどにも売っているので、試しにやってみるといいですよ。

抜け毛の形状

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)が存在して、どんな人の髪の毛でも抜けて生えてを繰り返しています。

  • 成長期:髪の毛が成長している時期
  • 退行期:成長が止まって髪の毛抜けるまでの時期
  • 休止期:髪の毛が抜けて新しい髪の毛が生えるまでの時期

これを繰り返しているのですが、AGAを発症すると、このヘアサイクルが乱れてしまうのです。

正常な人と比べて、成長期が短くなってしまい、髪の毛がしっかりと成長する前に抜け落ちてしまいます。

「髪の毛が成長を終えてから抜けているか?」の判断をする上で、抜け毛の形状をチェックすることが有効なのです。

正常なヘアサイクルで抜け落ちた髪の毛は、毛先まで同じような太さですが、成長を終える前に抜け落ちた髪の毛は、先端が細くなっています。

先細りの髪の毛がどうかは目で見ればすぐにわかります。

正常なヘアサイクルの人でも、1割くらいは先細りの抜け毛があるのですが、AGAを発症している人は、3割を超える先細りの抜け毛があると言われています。

抜け毛の3割以上が先端の細い髪の毛だったら、AGAの可能性が高いと判断してください。

AGAの可能性が高いと思ったら…

miwakekata3

「洗髪時の抜け毛の本数」「抜け毛の形状」

この2つで、ざっくりとした判断はできます。

洗髪時に50本以上抜けていて、3割以上が先細りの髪の毛…

そのような場合は、ほぼAGAだと思って間違いはないです。

まずはAGAの可能性が高いと気づけることが大事ですが、気づいたとしても放置していては意味がありません。

まずは市販の育毛剤を使ってみる?

AGAの可能性に気づき、まずはサ○セスのような市販の育毛剤を購入するパターンはありがちですが、これは良い選択だとは言えません。

良い選択だと言えないどころか、時間とお金をムダ遣いしていると言っても間違いではないでしょう。

「手軽なものから試していこう」

そう思う気持ちはわからなくないですが、育毛の場合、手軽なもので効果のあるものってほぼありません。

「市販の育毛剤で劇的に改善した」みたいな話を周りから聞いたことがありますか?

冒頭で早期治療が大切と書きましたが、効果の見込めない方法で早期治療したところで、治療開始が遅れた人と同じです。

自分に合った効果の高い育毛に最初から取り組む

「近所のスーパーやドラッグストアに売っている市販の育毛剤」と「医師のカウンセリングを受けた上で決定する医学的根拠のある育毛方法」

どちらが高い効果を見込めるか、言うまでもないですよね。

医学的根拠のある育毛方法とは、フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルを取り入れた治療となるのですが、何をどれくらい取り入れていくのかは人によって違ってきます。

「とりあえずプロペシア飲んでおけばいっか」みたいな自己判断をする人もいますが、それが正しい人もいれば、正しくない人もいます。

本気でAGAを治療したいのであれば、AGA治療の専門家(AGAクリニック)に相談して、最適な治療方法を見つけるのが第一歩です。

間違えた治療方法をダラダラと続けていても、時間だけが経過していきます。

自分のAGAの進行具合を知り、それに合った治療方法を知るために、まずはAGAクリニックの無料カウンセリングを受けてみるといいですね。